Wifi回線のセキュリティー機能

電波を利用しているWifi回線では、セキュリテイーを何も施さないとデータの内容を悪意ある第三者が簡単に覗き見できてしまいます。

このため暗号化と呼ばれる技術を使用して、やり取りしているデーターの内容を秘匿しているのです。Wifi回線ではSSDIと呼ばれる識別情報を利用して接続先アクセスポイントを指定し、暗号化によってやり取りするデータを秘匿しています。暗号化を施さずにアクセスポイントを設置してしまうと、SSDIさえわかればだれでもそのWifi環境に接続できてしまうので注意が必要です。一方暗号化が施されたアクセスポイントは、SSDIに加えて暗号キーと呼ばれる鍵情報がないと接続できません。

Wifi回線を利用する場合は必ず暗号化を施すようにしましょう。Wifi搭載ルーターには初期値でSSID、暗号キーが定められています。ただしパスワードなどは、時間をかければ読み取られ解読される危険も潜んでいるのです。そうしたリスクを避けるためにも、定期的にパスワードなどは変更するようにしましょう。

変更はパソコンのプラウザから簡単に行えるので便利です。この回線にはSSIDの隠蔽や、MACアドレスフィルタリングと呼ばれるセキュリティー機能も準備されています。パソコンやスマートフォンなどの子機にSSIDを通知しない機能で、この回線の存在を隠すことでセキュリティーを確保しているのです。MACアドレスフィルタリングは、MACアドレスと呼ばれる機器固有の情報をアクセスポイントに登録しておき、その機器以外からの接続を制限する機能になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *