フリースポットの課題とWifi使い放題プラン

ひと昔前は珍しいインフラだったWifiのフリースポットですが、今では日本列島の各地に置かれています。

以前は都内の中心部など、いわゆる大都会の一部地域にしか設置されていませんでした。IT先進国と言われる日本の国ですが、実はフリースポットの導入については、欧州やアジア諸国よりも遅く、外国人観光客の方々からすると意外だったようです。社会全体が非常にデジタル化している一方で、無料Wifiの設備が遅かった事もあり、インバウンド消費もかつては伸び悩みましたが、近年では北海道から沖縄県まで、各町で便利なスポットが開設され、日本人観光客から外国人観光客の方々まで大勢の人々が満足行くインフラが構築されているのです。

ただし、フリースポットには課題がまだまだあります。接続中は確かに無料で使い放題ですが、時間制限が課せられている場所が殆どとなります。30分から60分で強制的にWifiが切断されるため、実質的に使い放題というわけではありません。普段から外でWifiをフル活用するビジネスパーソンや観光客の方々は、フリースポットをあまり過信せず、むしろ自前のWifiルータを契約し始めています。

自前のポケットルーターを予め契約しておけば、安価な月額料金を支払うだけで、常に日本国中、いつでもどこでも快適なネット利用が可能です。使い放題のプランが用意されており、それなら重たいファイルを頻繁にやり取りしたり、毎日HD動画を視聴しても月額料金は膨らまず、暮らしは便利になるばかりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *