公衆無線LANサービスの料金の違いを知る

外出先でインターネットを利用するのであれば、ネット回線を確保しなければいけません。

無線LANの料金情報を網羅した総合サイトです。

ネット回線として使えるものは、モバイル回線や公衆無線LANサービスがあります。
モバイル回線は大手キャリアやMVNOが提供するプランを契約する必要でしょう。プランによって容量が決められており、その容量を超えて使用しますと、大幅に速度が制限されるというペナルティがあります。


その為、外出先でも動画をよく見るといった人々にとっては適していないかもしれません。

公衆無線LANサービスは無料サービスと有料サービスがあります。

モバイル回線を契約したユーザーはオプションで無料で使えるというもの、空港のラウンジサービスの一環で使用出来るもの、飲食店などの利用者が無料で使用出来るものなどがありますので、ユーザーが施設をどのように使っているのかによって変わってきます。

公衆無線LANの料金は、ユーザーがサービスをどのように使っているのかに依存してきますが、無料で使える場合には、その施設のチラシに従って設定を行えば、容易に使えます。



しかし、モバイルルーターとは違ってセキュリティ面ではリスクがありますので、パスワードを入力しなければいけないなどのセキュリティ性を求めるサービスを使う時には利用しない方が良いでしょう。



有料サービスの料金は1日で使う時間によって料金が決まっていたり、定額で数百円程度を支払えば使える事があります。

無料スポットと比べるとセキュリティ面ではリスクが低くなっています。